タイトル

●木の実の笛
小さな三センチ程の木の実に穴が三つ開けられています。二つの穴を指で押さえ、一つの穴で吹きます。音階はありませんが、様々な音が奏でられます。小鳥のようであったり、宇宙の音であったり、地の音であったり、また、時空を越えて音は廻ります。私の一番大好きな笛です。神社仏閣での奉納演奏でもこの笛は必ずといっていい程使います。自然の中で演奏しますと、そこに生きる生物や植物、花々木々などが一緒に奏でに参加してきます。花々は揺れ、木々は葉音を出し、風はクルクルと舞い踊り、鳥や魚や動物は愉快にダンスを始めます。私のステージの一番最初に、皆様にご挨拶の意味でこの笛を吹かせて頂いています。 代表曲:「宇宙音(そらおと)」(万葉花収録)
●フルート
フルートの種類には、フルート・アルトフルート・バスフルート・ピッコロとありますが、私はこの中でフルートとアルトを演奏致します。三オクターブの音域が出ます。素材は金・銀・プラチナ・メッキなどありますが、私は現在は金と銀の素材のものを使っております。 教室でもフルートを中心としたレッスンを開催しております。 「ありがとう」「万葉」(万葉花)
●篠笛
 日本の笛、女竹でできています。穴が6つ穴、7つ穴とありますが、私は殆ど7つ穴を使用します。日本の風景・叙情が表現できる、とても優しい音色です。音階がはっきりしていないのもこの篠笛の魅力です。 一本調子~11本調子まであります。 「かぐや」「羽衣」(万葉花)
●能管
日本古来の笛。煤竹でできています。音階がなく、情景や景色を表現します。 私はこの笛は宇宙に一瞬で届く音だと感じました。透き通った強い音は、力強さと儚さと神秘性を合わせ持つ音色です。笛吹童子の笛としても有名ですね。 「かごめかごめ」(万葉花)
●心笛
木の実の笛のレプリカとして2010年に陶芸家・大泉讃氏と共作致しました。音階や楽譜、音程にとらわれない自由な笛。心を素直に音に表現できればと願い製作しました。 心のままに、皆で心笛を吹いて祈りを捧げることもあります。 この心笛を吹くと何人集まって吹いても、誰一人「オンチ」はいません。全ての人が一人ひとりただ一つの音を奏でられ、ハーモニーとなります。
●竹インディアンフルート
竹でできたインディアンフルート。五つ穴。 日本の竹の音色と、インディアンフルートの両方の魅力を持つフルート。 広大な大地や風の音、岩の音が奏でられます。 「ココペリ」(万葉花)
●インディアンフルート
アパッチ種族タイプの米杉でできたインディアンフルート。 優しい妖精や風、雲の音を表現できる笛です。



ほーむ
プロフィール
すけじゅーる
しょっぷ
ぎゃらりー
笛の紹介
動画
スクール
お問合せ



CDの購入はコチラ画像

ありがとう歌詞